擦り傷

擦り傷とは、皮膚が外的刺激で一部剥がれた状態を言います。剥がれた深さや、その擦り傷がどれだけ汚れているかで、傷跡の残り方が違います。

皮膚は下記のような構造になっており、基底層から上の剥離では、傷跡はほとんど残りません。なぜなら皮膚の再生が出来る部分だからです。

擦り傷が真皮に及ぶ場合は色素沈着を残したり、肥厚性瘢痕となったりします。色素沈着一般的には時間とともに薄くなって消えることが多いですが、消えにくい場合はQスイッチヤグレーザーを照射し薄くしていくことも出来ます(保険適応外)。肥厚性瘢痕となった場合は、それを抑えるためにステロイドのテープを貼る、またはステロイドの注射を局注することにより、落ち着いてきます。

また、傷に砂利などが入っていてそのまま治癒した場合、治ってもまるで刺青を入れたように黒い傷跡になることがあります。いわゆる外傷性刺青という状態です。この場合は、Qスイッチルビーレーザーを照射して、色を消す必要が出てきます。その場合は保険適用で治療出来ますので、ご相談下さい。

擦り傷