腋臭(ワキガ)保険手術

反転剪除法

手術法

手術は局所麻酔で行います。痛みに弱い方は、ご希望があれば塗る麻酔や笑気麻酔も可能です。

腋毛が生えているところをマークします。局所麻酔を行います。その中央に横切開を入れ、マークしたところの皮膚の下を剥離します。剥離したところの皮膚を反転させ、臭いのもととなっているアポクリン線をハサミで丁寧に切除していきます。

腋臭症

腋臭症

皮膚を皮下と皮膚で2層に縫合し、皮膚の下に血液が溜まらないように、ドレーン(柔らかいストローのようなもの)を入れます。更に血が溜まらないように、綿のようにしたガーゼで圧迫し、手術は終了です。

腋臭症

片側約30分程度です。

術後は患部の安静を保つために、包帯を巻きますので、2週間は肩を上げることが出来ません。

腋臭症

手術の次の日に、問題ないか見せて頂きます。
抜糸は1週間後となります。
シャワーは次の日の夜から、患部を濡らさないようにして頂ければ可能です。